ハイドロキノンの副作用とは?

美白効果高いけど、気になるのはハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンは、美白を目指す上で、欠かすことができない成分の1つです。
お肌の漂白剤とも呼ばれ、以前は医師の処方がなければ使用することが
できませんでした。しかし、現在は様々な美容商品に配合されるようになり、
広く知られています。

このように、気軽に使えるようになったハイドロキノンですが、
副作用はないのでしょうか。それでは、詳しくみていくことにしましょう。
結論としては、現在、流通している安定型のハイドロキノンであれば、
副作用の心配はありません。
シミ化粧品-正しい美白ケアの一連の流れ

なぜなら、安定型のハイドロキノンは、従来型ハイドロキノンを改良し、
肌に刺激を与えずに、美白効果を実感することができるものからです。
効果そのものは、従来型ハイドロキノンと、ほとんど変わりはないのですが、
大きな違いは変質しないことにあります。

医師だけが処方していた時代は、湿気、熱、光、紫外線などに弱く、
すぐに酸化してしまうという弱点があったため、肌に強い刺激を与える
ことがありました。

そのため、例えば、肌がかぶれたり、肌に白斑が出来てしまうなどの、
深刻な症状を引き起こしてしまっていたのです。このような理由から、
保管方法や使用期限を守りながら使用する必要があり、大変扱いづらかった
といえます。

その点、安定型ハイドロキノンは、湿気、熱、光、紫外線などの影響を
受けても変質しにくくなっているため、肌の奥までしっかりと浸透してくれます。

以上のことから、扱いやすくなったばかりか、肌への刺激を抑えながらも、
効果を実感することができるようになりました。

このように、現在のところ、大きな副作用はなくなったといえますが、
元々敏感肌である場合は、使用前にパッチテストを行い、肌に異常が現れないか
を確認する必要があるでしょう。

また、ハイドロキノンが配合された商品を購入する場合は、どの程度従来型
ハイドロキノンの安定化にこだわっているかを、チェックする必要があります。

このチェックを怠ってしまうと、後々肌トラブルを引き起こす可能性が
ありますので、十分に注意するようにしましょう。

シミの種類と原因・対策まとめ

シミにはいろいろな種類があります。それぞれシミができてしまった原因や対策、予防法が違ってくるので、まずは自分のシミは何が原因でできてしまったものなのか正しく理解しましょう。人によってできるシミは違うものの、最も多いタイプと言われているのが老人性色素斑というものです。

老人性という名前からも想像することができるように、長年紫外線を浴びたりしたことが原因でできるものです。

最初は薄いものが現れますが、何も対策取らずに放置した場合、どんどん濃くなってしまいます。 薄いものは美白化粧品が効果的ですが、濃くなってしまうとレーザー治療を行わなければなかなか改善することができません。

次に肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミがあります。大きなもやのような形で左右対称に現れるのが特徴です。こちらは女性ホルモンの乱れが大きな原因となるので、予防をするためにはホルモンバランスが崩れやすい更年期の時期になったら美白化粧品を使うようにするといいですね。

レーザー治療を行うと逆にシミが濃くなってしまう場合があるため、美白化粧品を使って地道にケアしていきましょう。炎症性色素沈着と呼ばれるタイプのシミは、傷やニキビ、虫刺されなどが原因で炎症が起き、そのあとがシミとなって残ってしまったもののことです。

大きな原因は肌の炎症となるため、予防のためにはニキビや虫刺されを悪化させないことが大切となります。こちらも美白化粧品が効果的です。

雀卵斑はそばかすという名前でも知られているシミです。ひとつひとつは小さなシミですが、たくさん量ができてしまうこともあるので、コンプレックスに繋がりやすいシミだと言えるでしょう。遺伝が大きく関係しており、美白化粧品を使ったとしてもほとんど効果が得られません。

改善するためにはレーザー治療が有効なので、レーザー治療を検討してみましょう。基本的な対策は美白化粧品を使いながらレーザー治療が効果的なものについてはレーザーによる治療を行っていくという形になります。

老人性色素斑の対策

老人性色素斑は、老人性という名前がついているということもあり、高齢者にしかできないのではないかと思っている人がいるようです。しかし、実際には20代後半からでき始めるものなので、若いからといって油断しないようにしましょう。

老人性色素斑ができやすい場所といえば、日光を受けやすい場所です。手の甲や顔にできることが多いのですが、背中があいた服を着ることが多い人は背中にできてしまうことがあるので注意しましょう。

形は丸いものが多く、小さいものから大きなものまで人によって大きさは違います。シミの中では最も一般的なものとなるため、シミができてしまった場合はまずは老人性色素斑から疑ってみるといいでしょう。

老人性色素斑ができてしまう大きな原因は紫外線によるものです。紫外線を浴びて過剰分泌されたメラニン色素がうまく排出されないと、老人性色素斑として現れてしまうことがあります。老人性色素斑を改善させるためには、いくつかの方法があります。

まず、小さくてあまり目立たないタイプの老人性色素斑には、美白化粧品が有効です。まだできたばかりの老人性色素斑である場合、美白化粧品を使うだけで改善できる可能性もあるので、できるだけ早くシミに気付くことが大切だと言えるでしょう。

特にハイドロキノンという美白成分を配合された美白商品が効果的です。できてからしばらく時間が経っている老人性色素斑や、色が濃いものはセルフケアだけではなかなか効果が実感できません。 こういったものを改善させるためには、レーザー治療が効果的です。

しかし、レーザー治療は皮膚にダメージを与える治療法であるということもよく理解しておきましょう。 そのため、まずは美白化粧品から試したうえで効果が得られなければレーザー治療を検討するようにしてみてはどうでしょうか。

老人性色素斑を予防するためには紫外線対策をしっかり取ることが大切です。 室内で過ごすことが多い人でも、窓から入ってきた紫外線が原因で老人性色素斑ができてしまうこともあるので、窓際で過ごすことが多い人は気を付けなければなりません。