ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンは、美白を目指す上で、欠かすことができない成分の1つです。
お肌の漂白剤とも呼ばれ、以前は医師の処方がなければ使用することが
できませんでした。しかし、現在は様々な美容商品に配合されるようになり、
広く知られています。

このように、気軽に使えるようになったハイドロキノンですが、
副作用はないのでしょうか。それでは、詳しくみていくことにしましょう。
結論としては、現在、流通している安定型のハイドロキノンであれば、
副作用の心配はありません。
ハイドロキノンクリームで副作用がないのは?

なぜなら、安定型のハイドロキノンは、従来型ハイドロキノンを改良し、
肌に刺激を与えずに、美白効果を実感することができるものからです。
効果そのものは、従来型ハイドロキノンと、ほとんど変わりはないのですが、
大きな違いは変質しないことにあります。

医師だけが処方していた時代は、湿気、熱、光、紫外線などに弱く、
すぐに酸化してしまうという弱点があったため、肌に強い刺激を与える
ことがありました。

そのため、例えば、肌がかぶれたり、肌に白斑が出来てしまうなどの、
深刻な症状を引き起こしてしまっていたのです。このような理由から、
保管方法や使用期限を守りながら使用する必要があり、大変扱いづらかった
といえます。

その点、安定型ハイドロキノンは、湿気、熱、光、紫外線などの影響を
受けても変質しにくくなっているため、肌の奥までしっかりと浸透してくれます。

以上のことから、扱いやすくなったばかりか、肌への刺激を抑えながらも、
効果を実感することができるようになりました。

このように、現在のところ、大きな副作用はなくなったといえますが、
元々敏感肌である場合は、使用前にパッチテストを行い、肌に異常が現れないか
を確認する必要があるでしょう。

また、ハイドロキノンが配合された商品を購入する場合は、どの程度従来型
ハイドロキノンの安定化にこだわっているかを、チェックする必要があります。

このチェックを怠ってしまうと、後々肌トラブルを引き起こす可能性が
ありますので、十分に注意するようにしましょう。
カウブランド無添加