美白と睡眠時間

睡眠は美白にも効果的?!

美白と睡眠時間

夜更かしをした翌朝、肌が荒れたという経験はないでしょうか。
このような体験をしたことがある人は、意外と多いといえます。そのため、
睡眠不足が肌に悪影響を与えることは、体験を通して広く認識されている
といえるでしょう。

しかし、具体的にどのような関係性があるのか、深く理解していないケースが
多いようです。これでは、いくら丁寧にスキンケアをしても、
美白を手に入れることはできません。

そもそも、美白と睡眠時間には、どのような関係性があるのでしょうか。
もう少々詳しく見ていくことにしましょう。

まず、肌が生まれ変わる時間帯についてですが、これは、睡眠時間内となって
います。そのため、日中活動している間は、肌が生まれ変わることはありません。

また、肌細胞は、寝ている間に老廃物を排泄し、たんぱく質を合成して
細胞分裂を行いますので、この一連の活動を行うことによって、肌が修復、
再生されていくということになります。

しかし、これは、睡眠時間がしっかりと取れている場合に限ります。
そのため、十分な睡眠時間が取れないとなると、肌がしっかりと修復されない
ということにつながるのです。

尚、なぜ、日中に肌の再生が行われないのかといいますと、それは、
血液のほとんどが脳へ運ばれてしまうからということになります。
ということは、肌のすみずみまで血液が循環せず、同時に栄養も十分に
いきわたらないのです。

それが、睡眠時間になると、いっせいに脳以外の他の部位へ血液が流れ出します。
また、肌の細胞分裂が盛んに行われるのは、寝始めてから3~4時間といわれて
いるため、6~7時間程度の睡眠時間が必要だといえるでしょう。

このように、美白と睡眠時間には深いつながりがあり、いつまでも若々しい肌を
保つためには、睡眠の時間と質が重要だということになります。

また、最も肌の再生が盛んに行われるのは、22時から翌2時の間だという
研究結果も出ています。ですから、最低限その4時間の間には熟睡できるよう、
生活習慣を見直す必要があるといえるでしょう。